BLOG

オリエンタルホテルでのんびりというのが、この旅行のテーマだったのですが、雑誌で見たベンジャロン焼きがとても素敵で、その工房にオーダーしに出かけることに。

ついでにちょっと観光もということで、運転手付のレンタカーをお願いしました。

バンコク市内から車で1時間ほどのところに、その工房はありました。

PA281561

広い敷地にゆったり配置された建物。お手入れの行き届いたお庭もあって、なかなか立派な工房です。

PA281560

まずは工房内の見学。

絵付けのところを見せて頂いたのですが、ほんと、細かい作業です。すべて手書きです。何度も何度も工程を繰り返すようです。

PA281556

ざっと説明を受けてSHOPの方に戻ります。これからが本番。

戸棚にはおびただしい数のサンプルが仕舞われてて、勝手に見てくださいとのことだったので、出したり入れたり、お気に入りを選ぶのに2時間ほどかかりました。

手にとっては眺め、気に入れば近くのテーブルに置いて、そうでなければ、戸棚にそっとしまって、また新しいのを選んで手に取る。

その間、ミカンとかバナナとかお水とかの差し入れがあって、それを頂きながら悩みに悩みました。

カップやお皿も幾種類もあって、素敵で豪華です。食器好きな方は幸福な時間を過ごせると思います。

ジムトンプソンの家で見た初期のベンジャロン焼き、マットな色遣いで金の縁取りのないもの、彼の家で見たときはとても魅かれて、このタイプをオーダーしようと思っていたのですが、やっぱり豪華なものに目が行ってしまいますね。

#中国茶 #chinesetea タイのお土産 ベンジャロン焼き

KARINさん(@karinjpjp)が投稿した写真 –

最終的に選んだのは、パステルタイプの色調でプラチナの縁取りが付いたのにしました。

出来上がりまでには半年ほどかかるとのこと。バンコク市内までは配達してもらえますが、日本までは郵送しないとのこと。

半年後、またバンコクに来られる理由ができて、ちょっとうれしい。どんなふうに出来上がってくるのか楽しみです。

追記/2014年10月のバンコク旅行で無事受け取ってきました。

オーダーしたベンジャロン焼きが出来あがりました@PINSUWAN BENJARONG

ピンスワン・ベンジャロン Pinsuwan Benjarong

住所: 32/1 Moo7, Bangchang, Ampawa, Samutsongkram 75110
営業時間: 8:00-17:00ぐらい
定休日: 無し


ベンジャロン焼き1

これは記念にと工房の人に頂いた物。
こんな感じの小皿とか箸置きとかはその場で買えます。

カジュアル版ってかんじですね。

ベンジャロン焼き裏

Tags: