BLOG

上海で使ったSIMカードについての覚書です。

PB242144

前回上海に行ったときはSIMカードを買い損ねてしまって
不便な思いをしたので、
今回はあらかじめ日本で手に入れて
(S31HWに挿して)から出発しました。

お値段は?

購入したのはコチラのお店⇒☆
CHINA UNICOM 3G プリペイドSIMカード
お値段は3980円2980円しました。
追記:レシートを見て気づいたのですが、
私が買ったときは2980円でした。
お値段上がったようですね。

私の場合、4日間の使用でこの値段、
一日千円と考えるとちょっと高いですが、
不便な思いをするよりはと購入を決めました。

使い方はとっても簡単!

上海の虹橋空港に着いて、
Pocket Wifi S (S31HW)の電源を入れただけで
とくに設定等必要なく、繋がっていました。
優秀です!

でも使い放題ではありません

このカードには最初から100元の残高が付いています。
データ通信は使い放題ということではなく、
(今まで私は、1日いくらで使い放題ってプランばかりだったのですが)
1KB/0.0003元つまり1MB換算で0.3元(日本円約3.75円)とのことなのですが、

1MBってどのくらい使えるの?って不安はありましたが、
現地でもチャージできるらしいのでそのまま出発しました。

私はいくら使ったの?

私の場合、iPodtouchとStreamXの2台で使っていました。
メール、web、それからmapとナビ
歩行の時のナビはもちろんタクシーでもナビを見ていました。

残高から計算して一日約10元ほどの使用でした。
一日30MB ぐらい?
スマートホン一台の使用ならもう少し安くなるかも。

普通に使ってれば10日はもつかも。
(ホテルのwifi併用の場合)

残高確認の仕方

SMSの宛先に「10010」、本文に「102」を入力し送信すると、
SMSにて残高が送信されてきます。

とのことですが、私、SMSの送り方がわからずちょっと焦りました。
以下はPocket Wifi S (S31HW)での覚書です。

S01

「メッセージ」をタップして
「宛先」に10010、「メッセージ欄」に102を入力して
「送信」

S02

送信後すぐに、残高の入ったSNSが飛んできます。

余談ですがPocket Wifi S (S31HW)って
画面キャプチャできないの?

継続して使えます

実はこのSIMカード有効期限はありません。
基本料金18元が毎月残高から引き落とされます。

有効期限
2012年4月1日より、残高18元を下回らない限り有効期限は無期限となりました。毎月基本料金18元が差し引かれますが、この時点で18元以上無いと一時的にご利用できなくなります。30日以内に残高追加していただくと、再度ご利用いただけます。30日を過ぎても残高追加されない場合はSIMカードは失効し、新たにSIMカードを購入する必要があります。

一年に一度以上中国に行くっていう人は
リチャージして継続すれば、かなりお得なカードになると思います。

一度しか使わないのは、
ちょっともったいないですね。

 

Tags: