BLOG

昨日は立春でしたね。
「寒が底を打つ」といいますが、
この寒さもあと数日で底を打って暖かくなっていくのでしょうか。
今日も凍えそうなくらい寒かったです。

「立春朝搾り」というのは、
立春の未明に絞りあがったばかりの生原酒を
瓶詰めし、その日のうちに顧客に届け
みんなで春の到来を祝うというめでたいお酒です。

IMG_1325

立春の日、そのめでたい酒を桃山時代や江戸時代、
また日本ばかりでなく、中国、朝鮮でつくられた骨董の酒器で愉しみましょうという
会に行ってきました。

IMG_1339

通常、それぞれの銘柄は、それぞれの地元近郊でしか手に入りませんが
社長さんや先生方の奔走のおかげで、
千葉の蔵元が2軒、京都・伏見と長野・伊那と合計4本を
飲み比べることができました。

お酒のあても、それぞれの産地を合わせたもの。
千葉の茹でピーナッツ、京都は「櫻じゃこ」といって、
うまみ油につけた旨辛じゃこ、ちょっとオイリーできりっとした
お味がお酒によく合います。長野県からは「五穀みそおこげ」
濃いめの味付けがこれもよくお酒にあって
どんどんお酒がすすみます。

IMG_1328

千葉の「甲子」を頂いた器。
この間お伺いした蔵元さんのお酒です。
そのときはまだタンクの中でいい香りを漂わせていました。

このお酒はとてもフレッシュで軽い。
微炭酸でお口のなかでプチプチはじけて
フルーティな香りも好ましい。4種類のなかで一番好みでした。

私がこのお酒を頂い酒器は
桃山時代の「椿手盃」(瀬戸)
鉄釉が均一にキラキラ輝いていて
とてもそんな古いものとは思いませんでした。
大切に愛でられ使われてきた器なのだと思います。

鉄釉がかかっているのですが、
柔らかいさを感じる器です。
なのでフレッシュな「甲子」にはちょっと合わなかったかも

IMG_1331

これは「李朝白磁」
青みがかったこの色が
注がれたお酒をとてもおいしく見せてくれます。

IMG_1333

「李朝粉引大盃」
大ぶりでたっぷりした形。
注がれたお酒がまろやかに変化します。

他の方が選んだ器でも飲ませてもらったのですが、
同じお酒なのに、形、素材の違いで
確かに味が変わります。

IMG_1335

「天目盃」中国は宋代のもの。
この時代の中国のものはさすがというほかありません。
盃の淵の薄さ、裏の高台の角などが
とてもすっきりしていて都会的です。

この盃で、濃潤辛口を得意とする長野の酒蔵さんが造られた
「信濃錦」の立春朝絞りを飲むと
少しお酒の角がとれた感じがしてとても美味しく飲めました。
私の中でのベストマッチングでした。

IMG_1340

「古伊万里花文盃」 
景徳鎮の茶杯みたいですね。
この頃の流行りだったんですって。こういう形と文様。
「甲子」にはこの器の固さがちょうどいいと思う。

IMG_1341

白洲さんはもちろんのこと、
お店の方々の説明も情熱的で
一つ一つに対する愛情がよく伝わってきました。

IMG_1342

そしてご一緒していただいたみなさん。
飲むほどに、酔うほどに、
それぞれのお酒に対する思いや
器についてどんどん盛り上がって来て

みなさんの情熱や感性に
とても刺激を受けた一夜となりました。

「日本酒好き」に悪い人はいない!
今度はぜひ唐津でご一緒したいですね。
あの企画実現してくださ~い!

Tags: