BLOG

以前の上海旅行では、上海の街ってあまりいい印象はなかったのだけど、

唯一心許せたのが、フランス租界と言われる地区。 お気に入りの茶館「大可堂 普洱会所」も この地域にあります。

次来ることがあったら、 この地域を重点的に楽しもうと思っていたのです。

フランス租界は、かつて7つのカルティエ(行政区)に分けられていて、
Magnolia Bed & Breakfast はその中の
Quartier Fochフォッシュ区にあります。

フォッシュ区

”豪華なヴィラを多く擁する最高級の住宅地区でした”とのこと。
確かに周辺には立派で心惹かれるお屋敷がいくつもあるのですが、

延慶路route de Grouchy

ホテルのある延慶路は、 街路樹が美しく枝を伸ばし、ゆっくりカーブを描く優美な通りなのですが、 とても庶民的な街でした。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

1階にはリビングと朝食スペースがあります。 ネスプレッソもあり、飲み物は各自自由に。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

私が滞在中は、ゲストは私一人だけだったので、 夜は部屋着のまま、このリビングでお茶しながら過ごしていました。

そう、夜はスタッフもいなくなるのです。 私一人だけでした。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

他のゲストがいないので、 古いホテルにありがちな階段を上る音とか 、排水の流れる音とかに悩まされることはなく、 静かで申し分なかったのですが、夜はさすがにちょっと心細かったです。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

お部屋はちょっと狭め、そしてシンプルです。 古い建物なので、断熱とかなく、ちょっと寒いのですが、 そのためシャワールームには暖房設備が完備していました。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

4つの灯りはヒーターです。 4つ全部つけてシャワーを浴びたら、 洗った髪の毛が乾き始めてきました。

強力です。 なので2つでいいのではないかと思います。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

お部屋にもポットはあります。 後お水が毎日2本届きます。冷蔵庫はありません。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

アメニティーです。 スーパーで買ってきてくれたのかもしれません。

私は使ってないので、 歯ブラシとか毎日補充されるかどうかわかりません。

スリッパもあったような気がするのですが 持参した方が無難です。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfastアメニティ

前日の夜に、メニューに丸を付けておけば 、朝、おばちゃんがやってきて 私の朝ごはんを作ってくれます。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast

メニューは洋風と中華風とありますが、 どれをいくつ頼んでもいいと言われました。 太っ腹ですね。

毎朝いろいろ頼んだのですが、 すっごく美味しいというのはありませんでした。

fresh squeezed orange juiceは、 カリフォルニアオレンジではなくミカンを搾ったものでしたが、 マイルドな口当たりで毎日頼んでました。

マグノリアMagnolia Bed & Breakfast朝ごはん

おばちゃんは、英語は通じないのですが、 いつも笑顔で愛想のいい人でした。 お掃除もきちんとしてくれていました。

最終日、空港までのタクシーをお願いしたのですが、 ちゃんと時間通りに運転手さんは来てくれて、 3階の私の部屋から荷物も降ろして車に積んでくれました。 (このホテルにはエレベーターはないのです)

上海のタクシーって意外と信頼できます。

因みに、上海浦東空港まで、 177元だったと思います。

Tags: