BLOG

PB282261

2度目の訪問です。
ここは何度でも訪れたい。

特に陶磁器は見事なものがいっぱいです。

入場料は無料です。
おまけにこの日は「バルビゾン派から印象派へ」の展示もあったのですが
それも無料で見れました。
太っ腹ですね。すごいところです。

PB282226

手荷物検査があるので
それでちょっと並びますが
あとはスムーズに進みます。

コートを預かってもらうには
手荷物検査の人に札をもらって
それをコートと一緒にクロークのお姉さんに渡します。

あとイヤフォンガイドですが、パスポートが必要です。
コピーではダメとのこと。写真の付いたIDカードならOKとのことでした。

パスポードがない人は400元(約6千円)のデポジットが必要になります。
結構な大金なのでちょっと不安でしたが、
イヤフォン返却時、ちゃんとお金は返してもらえました。

ここの人たちは無駄な愛想はないけれど
テキパキしていて、なにごともスムーズでした。
一度も嫌な思いをしませんでした。
これは上海では貴重なことです。


PB282244

前回は1階の「中国古代彫塑館」と2階「陶磁器館」を見て回ったのですが、
今回も2階「陶磁器館」からスタート

これがほんとにすごい!
新石器時代から清朝まで中国陶磁器8000年の歴史がここで解読できます。

PB282242

特に宋代から清朝にかけては傑作揃い。
「眺め回す」「眺め倒す」というのでしょうか、
なかなか足が前に進みませんでした。

PB282230

ガラスケースの前で立ち止まって眺め回す。
一人だったので思う存分堪能できました。

PB282245

特別展の「バルビゾン派から印象派へ」もすごいです。
ルノアール、モネ、ドガ、ピサロなどなど。
見たことあるものもいっぱいで。
ここで印象派の名品をみられるなんてラッキーでした。
(これ日本にも来ていたクラークコレクションと同じもの?)
そして無料というのが驚きです。

PB282208

あと4階の家具展も見ました。
空いていてシンプルな感じで、
頭を冷やすというか落ち着けるにはいい場所だと思います。

最後1階に降りて、「中国古代彫塑館」へ。
仏像とかが中心です。
ここはガラスケースに入っていないものも多く、
思わず触れてしまいたくなる衝動に駆られます。

PB282257

上海博物館一押しの「青銅器館」には
今回も行けずじまい。

次回は絶対行こうと決心したのですが、
また「陶磁器館」で足止めを喰らいそう

前回訪問した時の記事です。 ⇒こちら