BLOG

DSC_1373

仏具店が並ぶ通りにお茶屋さんが一軒、ここが1860年創業の「振發茶行」さん。

老舗ですが格式ばったところはまったくなく、親しみやすい雰囲気のお店。

DSC_1372

なんといっても、後ろの棚にずらっと並んだ錫の茶桶がすばらしい。
創業以来使ってらっしゃる茶桶とのこと。

DSC_1366

錫茶箱

古い竹製の棚にどっしりと並んだ茶桶。渋い光を放っていました。
今はもう使われていないお茶名のラベルが貼ってあります。

DSC_1510

日本語メニューを渡されて、英語の通じるお姉さんに相談しながら選んでみました。
試飲ができないのが残念。

まだ春茶は出てないとのことなので、陳年のお茶と「龍鳳峡高山烏龍」を買ってみました。それと可愛い茶缶も。

DSC_1522

150g以上だと紙に包んでもらえるのですが、
75gずつしか買わなかったので、こんな感じに。

DSC_1371

実はこのお店には2回訪れました。

錫の茶桶が放つ圧倒的な存在感。
ちょっとぼーっとなってしまって、1回目はお茶を選べませんでした。

手ごろなティーパックも売っているので
古いものがお好きな方はぜひ見学がてら寄ってみてください。

★2015年再訪しました

Tags: