BLOG

お茶会2 (2)

山の中の一軒家レストラン。
調和のとれた建物と庭の関係は見事。

庭に佇むと大きく深呼吸したくなる。
空気が凛としている。

ここは、私のお気に入りのレストラン「豊華小館」のオーナーが
10年の歳月をかけて作り上げたのだそうだ。

なんて趣味のいい人なんだろう。

オーナの自宅も兼ねている。

毎日の暮らしの中で、丁寧に手入れされ、磨かれ、飾られて、
日々のその積み重ねが
この凛とした空気感を作り出しているのだろうか。

P6213144

もうほとんど暮れかけた時間、
灯りがともり、さっきまでの、
夕暮れ時独特の、切なさや寂しさや、なぜか不安や焦燥感が切り替わっていく時。

ともった灯りが、外が暗くなるにしたがって、明るく輝いて見えてくる。
それと同時に私たちのの気分も変わってきた。

そういった華やいだ雰囲気になったとき、
私たちのお食事会は始まった。

春餘園子1

彩りよく、丁寧に作られたお料理が、
一品ずつ供される。

料理1

薄味で上品なお味でした。

****お店データ **************************

「春餘園子」
住所:新北市淡水區泉州厝36號 路口停車處-北新路三段171號 
TEL:(02)2626-6699
営業時間:
定休日:每週一、四公休


 

お茶会1

「天空の茶会」と名付けられた、
夕暮れ時に開かれたお茶会。

夕暮れ時、人はわけもなく切なさや寂しさを感じてしまうのだが、
それはその時間、人の意識が内に向かうからだと思う。

日が暮れていく間の、人の意識が内に向き、景色が変わっていく魅了的的な時間。

凛とした空気が漂う、だけどしっとりとした雰囲気をも持ち合わせた美しい茶室で
お茶を淹れて、お茶を楽しむ機会を用意してくださった先生にとても感謝している。

お茶会5

Tags: