BLOG

中華電信

台北松山空港の中華電信でSIMカードを買う

場所は到着フロアーにでて左です。タクシー乗り場のほうへ。クロネコヤマトの隣にあります。

台北松山空港には、中華電信のカウンターしかありません

営業時間は6:00~22:00

時間帯によってはかなり並んでいる場合もあります。
空港のカウンターがあまりに混んでいる場合は、市内の中華電信や台灣大哥大の店舗でプリペイドSIMカードを購入するのもアリです。その場合は、前もって店舗の場所を調べておくと安心ですね。

SIMカードの料金表

DSC_5591

1日間

NT$ 100元

3日間

NT$ 250元

5日間

NT$ 300元

7日間

NT$ 450元

10日間

NT$ 500元

15日間

NT$ 700元

30日間

NT$ 900元

(2015年4月23日現在)

購入にはパスポートが必要。以前はパスポートの他にもう1点身分証明書が必要だったのですが、現在はパスポートのみで購入できます。

それと現金。クレジットカードが使えないので先に両替して台湾ドルを用意しておきましょう。

SIMカード購入手続きはとっても簡単

帰国日を言って、私の場合はiPadminiを渡したら、お姉さんがsimを入れ替えてくれて使える状態で返してくれました。

後はお金を払って終了です。手続き自体は5分もかかりませんでした。

★帰りの飛行機の中とかで、日本のSIMカードと入れ替えると思うのですが、APNが変更になっているので日本でのAPNに戻します。APNをメモしておけば安心です。

リチャージなどのやり方は、中華電信の説明書に日本語で詳しく書かれています。

DSC_5592

タクシーで松山空港から台北駅まで行って新幹線で台南へ

松山空港から台北駅まではタクシーで10分ほど、200元以内でした。

今回は普通席で。

台南新幹線

全く日本の新幹線と同じ感じなので違和感なく乗ってられます。

台南新幹線

出発の5分前ぐらいに台北駅に着いたので、切符を買うので精一杯で、駅弁は買えず、何とかお茶だけ買って新幹線に乗り込みました。

台南新幹線

台南の着いたのは19時前。真っ暗です。

台南新幹線

改札を出て、タクシーでホテルに向かいます。

台南新幹線

台湾のタクシーって、日本に比べれば格段にお安いのですが、

メーターが上がるのが早いです。

高速を走っていると20秒ごとにピッピって上がっていきます。

これ心臓に悪いですね。

もしかしたら、ターボメーターのタクシーに乗ってしまったかもって不安になったのですが、ホテルに着いたら適正価格だったので、これで普通なのだと思います。

★台北松山空港でプリペイドSIM カード購入の別の記事

Tags: