BLOG

安平地区はのんびりとした台南にあって、さらにのんびり感を増した感じの街。

高いビルが少ないせいか、街が明るいのです。田舎のひなびた港町って感じでリゾート感もあります。

安平地区

そして、この街は路地がすばらしく魅力的。

台南中心地よりなぜか日差しが強いので、昼間歩くときは帽子とサングラスは必需品だと思います。

熱中症対策に飲み物を。なんだか由緒あるお茶スタンドがあったので頂くことに。

義豊冬瓜茶

義豊冬瓜茶

台南中心部、武廟前に「義豊阿川冬瓜茶」といういつも行列しているおみせがあるのだけど、そことは関係あるのかしら。

ココも100年老店で品質も卓越しているとのことなので、由緒正しいお店みたいです。

このかわいらしいおじい様が創始者なのかも。

義豊冬瓜茶

種類がたくさんあります。どれが美味しいのか全く分からなかったので、一番人気の冬瓜豆乳にしようと思ったのだけど、豆乳だといまいちすっきりしないような気がして、2番人気の冬瓜檸檬にしてみました。

義豊冬瓜茶

甘々です。檸檬の酸味ももちろんあるのですが、べたべたする甘さが勝ってて余計喉が渇いてきます。

次回は「低糖」にしておきます。

義豊冬瓜茶

でもたっぷり入って20元ってお安いです。これを飲みながら、路地散策に出かけます。

安平地区

ここは「床屋さん」とってもレトロですね。

安平床屋

この椅子に座るのは、ちょっと勇気がいりそう。

でも青空床屋もあるなかで、ちゃんと屋根があるのは床屋さんとしては高級な部類なのかも。

安平床屋

家の前は、お庭ではなく道路なんだけど、そこに鉢植えを置いて路地を飾っている。

安平地区

安平地区

現役の井戸。

安平地区

これは建替え中だったお屋敷。

安平

ブルーの扉も赤扉もステキです。

安平地区

安平地区

安平路地細い路地はところどころ折れ曲がっているのだけど、その度、フォーカスポイントには絵になる鉢植えが置かれ、意外と計算されているのかも。

安平地区

白とブルー、ここだけ地中海に浮かぶギリシャの島っぽいですね。

安平地区

この街の路地散策はとても楽しいです。夕方とか夜はどんなふうに変わるのでしょうか。

次回のお楽しみにとっておきます。

安平地区

Tags: