BLOG

以前雑誌で見た手焼きのせんべい屋さん。

お煎餅より、その使い込まれた煎餅焼器に目を奪われました。

今回、散策ルートから外れるのですが、ちょっと寄ってみたのです。

手焼きせんべいのお店 『連得堂餅家』

連得堂餅家

ちょっと横道に入るのですが、かわいい看板が目印です。

連得堂餅家

地元の人がひっきりなしにやってきて買っていきます。

連得堂餅家

そしてこれが、私が雑誌で見て心惹かれた、煎餅焼き器です。

どっしりとしていて、使い込まれた渋い光を放っていて、独特の雰囲気を持っていますね。

連得堂餅家

かなり古いものだと思うのですが、今も現役で大活躍。大切に扱われてることがわかります。

連得堂餅家1

機械が見れて満足しました。せっかくなのでお煎餅も買って帰りましょう。

たいていの物は予約しないと買えません。味噌煎餅と、タマゴ煎餅は予約なしでもOKですがおひとり様2つまでとのこと。

ひとつずつ頂きました。

連徳堂

このお煎餅、食べてびっくり。すっごく美味しいです。

煎餅焼き器を見に行くのが目的で、そのついでに買ったので期待していなかったのです。

「瓦煎餅みたいなのでしょ」ってちょっと侮ってたのですが、

全然違いました。

何が違うのでしょう。

シンプルな材料だと思うのですが、その配合でしょうか。

そして鮮度もかなり影響していると思います。

特にタマゴ煎餅は、サックとした絶妙の歯ごたえ、控えめな香り、なんとも優しい優しいお味がします。

脱パイナップルケーキはこれに決まり!

以前雑誌、パイナップルケーキの次の台湾土産は?という特集があって、お土産候補がいろいろ出ていたので、私も幾つか素朴系のを買ってみたことがありました。

素朴系なら、このお煎餅がいち押しです。私は。

1日、ひとり2袋までなのでたくさんは買えませんが。

次回台南に来ることがあれば、毎日こちらに通って、2袋ずつゲットしたいと思います。

連得堂餅家

住所:台南市北区崇安街54
営業時間:8:00 ~ 売り切れまで
カード:不可

Tags: