BLOG

トルコ・イスタンブールには、エティハド航空のビジネスクラスで行ってきました。

何かと話題の中東3兄弟(エミレーツ、エティハド、カタール)、エティハドには新たにレジデンスいうファーフトの上を行くクラスを新たにできたのですが、

なんでも、リビングとベッドルールが別になっていて、さらにトイレとシャワーも付いていて、そして執事がお世話をしてくれるという、豪華すぎてもうわけがわからないと噂になった会社です。

ただ日本線のビジネスクラスのシートは残念だったのですが、それではお食事はどんな感じなのでしょうか。

エティハド(Etihad)EY871ビジネスクラスの機内食

離陸するとすぐにナッツが配られます。ナッツはちゃんと温められていて美味しかったです。

機内食1

メニューは豊富。かなり豊富だと思います。ワインリストも結構揃っていました。

夕食です。
夕食は懐石料理と洋食。私は洋食にしてみました。

最初に「シーフードのテリーヌ」季節の野菜添え

機内食9

パンとペストリー各種、いろいろありましたが、ガーリックトーストに。

機内食パン

バターはおいしくない。

機内食バター

メインは3種類の中から選べます。「レモン風味の鶏肉蒸し煮」レーズンと松の実入りクスクス

機内食メイン

中東ぽくって、気分が盛り上がりますね。ワインもこまめに持ってきてくれます。

機内食4

フォークもナイフもキラキラです。パンの入った籠もゴージャスでかわいい。

機内食3

ステンレスのピカピカ、キラキラな食器使いがゴージャスな雰囲気を醸し出していて、贅沢感があります。

デザートは「温かいルバーブのクランブル」バニラソース添え。甘いです。選択ミス。なぜかチーズ各種は飛ばされました。

機内食デザート

いつでもたのめるメニューもいろいろありました。

私は寝れなくてずーっと起きて本を読んでいたのですが、合間合間でお茶とかジュースをお願いしたら、クッキーやらポテトチップスやら何かしらおつまみ付きで持ってきてくれました。

これは夜明けに食べたアイスクリーム。

機内食アイス

着陸2時間前に朝食を食べます

朝食も和食と洋食から選べます。私は和食にしました。

ワンプレートです。

機内食朝1

機内食朝2

柴漬けと白菜のお漬物が美味しい。ご飯もちゃんと炊けてました。

機内食和食2

フルーツとその後にコーヒーを頂きました。

機内食朝3

機内食コーヒー

エティハド航空(Etihad)ビジネスクラスの感想

エティハド航空は時々セールをやっていて、とてもお安くヨーロッパまで行けるのですが、それはシートが旧いタイプだからでしょうか。

少々窮屈感はありますが、フルフラットになるので申し分ないと思うのですが、なんといっても物を入れる場所がほとんどないというのが致命的です。

長距離線だといろいろ手元に置いておきたい荷物が多いのです。

ただそれ以外、特にサービスに関しては私は80点くらいつけたいです。

ワインもちゃんとテイスティングさせてくれて、そういうのってなんか気分が上がります。

夕食後は、勝手に自分で持って行ってねって航空会社もあるなか、頼めば毎回機嫌よくサーブしてくれました。至れり尽くせりな感じです。

そしてなんといっても、アブダビのエティハトラウンジ。ここは私の中では世界一のラウンジとなりました。

ハード面もソフト面もその辺の一流ホテルに負けていません。それ以上でした。

今や世界一は中東ではないかしら。

中東3兄弟で残りカタール航空のみまだ乗っていないので、ぜひ体験してみたいです。

ラウンジ編はコチラ☆

Tags: