BLOG

香港旅行最終日は、便利なインタウンチェックインで身軽になって、時間ギリギリまで香港を楽しみましょう。

香港 インタウンチェックインとは

エアポート・エクスプレス(AEL)で香港空港に行く場合、MTRの香港駅または九龍駅でチェックインすることが可能なんです。

空港のチェックインカウンターが駅にあるって思っていただくとわかりやすいかと思います。なので、搭乗券の発券、荷物の預け入れ、座席の変更等が出来ます。

出発の90分前までに手続きが必要です。

香港 インタウンチェックインのメリット

  • 朝、チェックインしてスーツケースを預けたら、時間いっぱいまで香港を楽しんで、エアポート・エクスプレスで身軽に空港まで行けます。

香港ってコインロッカー少ないし、またホテルから空港へのアクセスが不便な場合なんかとても助かるシステムだと思います。

  • 空港でのチェックインって行列していることが多々あるのですが、インタウンチェックインならその混雑が避けられます。
  • 香港乗継の時にも便利

以前、香港乗継でバンコクに行った時、日本からはJAL、バンコクへはエミレーツだったので、荷物がスルーにならず香港でピックアップしなければなりませんでした。

乗継時間が8時間ほどあり、一度街に出たかったので、香港でピックアップしたスーツケースをインタウンチェックインで預けました。

本来空港の荷物預かり所にお金を払って預かってもらうのが、その必要がなくなったし、

エミレーツの空港チェックインカウンターはビジネスクラスもかなり行列するのですが、それも避けることが出来ました。

実際に香港駅でインタウンチェックインしてみよう

インタウンチェックインは、エアポート・エクスプレス(AEL)を利用する人限定のサービスです。

AELには往復割引やグループ割引など、幾種類もの割引チケットがあるのですが、片道チケットには割引プランがありませんが、

インタウン・チェックイン前にオクトパスを利用した香港駅までのMTR乗車は無料となるので、片道チケットは買わずにオクトパスカードを使ったほうがちょっとだけお得になります。

香港駅へはMTR中環から

まずは、香港駅へ。

インタウンチェックイン案内板

MTR中環駅からは「市區預辦登機 In-town Check-in」の標識にそって進みます。

チェックインカウンター

香港駅のチェックインカウンター

チェックインカウンター前に改札があります。

このサービスはAELを利用する人のみなので、この改札で料金を引かれます。

自動改札機

インタウンチェックインに対応している航空会社は結構たくさんあります。でもLCCは今のところ「香港エクスプレス」のみですね。

チェックイン手続きが終わって荷物を預けたら、再度改札を通ります。

そのまま空港に向かってもいいですし、もちろん身軽になって観光やお買い物を楽しむことも出来ます。

エアポート・エクスプレスの案内板

空港行きの列車はさらに下の階からの出発になります。

timetable

列車は10分おきに出ています。

エアポート・エクスプレス(AEL)に乗って香港空港へ

エアポート・エクスプレスの車内

空港まで24分です。全席自由席ですが、混みあうことなくゆっくり座れます。

ただちょっと寒いのではおるものが必要です。

エアポート・エクスプレスの車内

香港空港へ到着

香港空港

搭乗手続きはもう済んでいるので、保安検査場からイミグレへ向かいましょう。

春節の香港空港

韓国・ソウルの場合は、チェックインだけでなく出国手続きまで出来ます。

空港に着いたら、一般とは別の「専用出国通路」を使えるのでスイスイでした。

日本では以前箱崎でインタウンチェックインが出来たのですが、ぜひ復活して欲しいですね。

Tags: