BLOG

このあいだJALに乗ってコーヒーをお願いしたら、ただいまお作りしておりますので少々お待ち下さいって言われたの。JALは国内線クラスJや普通席でもドリップコーヒーを出してたの?ってちょっとびっくりしました。

私はしばらくJALに乗らない時期があって知らなかったのだけど、JALの機内コーヒーがスゴイことになっていました。

JALこだわりのコーヒーは「JAL CAFE LINES」

日本を代表するコーヒーハンター、川島良彰氏とJALが共同開発し作り上げたのが「JAL CAFE LINES」

機内でコーヒーを美味しく抽出するには、気圧、ギャレーのスペース、時間的な制約、コストなど、クリアしなければならない問題は多々あるのですが、

機内で飲める本当においしいコーヒーを楽しんでいただきたいというJALの思いにコーヒーハンター川島氏が答え、お互い妥協は許さない条件で徹底的に研究を重ね出来上がったのが「JAL CAFE LINES」なのです。

「JAL CAFE LINES」は、国際線と国内線ファーストクスのみの提供でしたが、4月1日より国際線・国内線全クラスで世界最高峰の美味しいコーヒーが飲めるようになりました。

JAL CAFE LINESはシートクラスによって銘柄が分かれています

国際線ファーストクラス グラン クリュ カフェ
国際線ビジネスクラス
国内線ファーストクラス
コーヒーハンター
国際線プレミアムエコノミー
国際線エコノミー
国内線クラスJ
国内線普通席
レギュラー
ソリュブル(インスタント)
ハワイ線 ハワイアンバウンド

国内線でドリップ仕立てのコーヒーが飲めるのは今のところ、ボーイング 777-200/300型機、ボーイング 737-800型機で、今後エンブラエル170/190 でも開始されます。

ただ、ボーイング 767-300型機、およびボーイング 777-200型機の一部(登録記号:JA8984、JA8985の2機)では、ギャレーの仕様の違いなどから従来どおりのソリュブル(インスタント)なんですって。

ドリップ仕立ての「JAL CAFE LINES」を実際に飲んでみた感想は?

JAL CAFE LINESの美味しいコーヒー

飛行機のコーヒーって煮詰まってるのか、やたら苦いってイメージだったのですが、ドリップ直後だったためか、フレッシュ感あり、苦味はかなり抑えられていました。

JALによると”心地よい爽やかな酸味”だそうですが、確かにあっさり系というか飲みやすいコーヒーです。セブン-イレブンのと同じくらい美味しかったです。

クラスJ

この日の大阪行き、B777-200は珍しくクラスJが空いていました。出発するときは満席になっていましたけど。

そして富士山が素晴らしく美しく見えました。こういう時に限って窓際の席じゃないのです。

飛行機からみた富士山

機内販売で買ったJALオリジナルの扇子

JALオリジナル扇子

CAさんのスカーフとおそろいです。飛行機の抜き型に参ってしまいました。

JALオリジナル扇子

インスタントの「JAL CAFE LINES」も飲んでみたのでその感想

4月にJALに乗った時はB767-300だったので、インスタントコーヒーでした。

jalcafe1

JALのこのインスタントコーヒーは優秀だと思う。ドリップコーヒーだと言われてもわからないと思う。セブン-イレブンのコーヒーと変わりません。美味しかったです。

次回は「コーヒーハンター」を飲んでみます。

長距離線で美味しいコーヒーが飲めるとホッとします。今後はお酒の量を控え、コーヒーを楽しみたいと思います。

Tags: