BLOG

P7061159

パリ・CDG空港からパリ市内へ向かう交通手段は主に4つ

  1. RER B線(郊外電車)10EUR
  2. ロワッシーバス11EUR、エールフランス17EUR
  3. タクシー
  4. 旅行社の送迎車

泊まるホテルの場所と、自分の荷物の重さと体力を、重々考慮してアクセス方法を選びましょう。

シャトルバスでパリ市内へ

バスは2種類。(ちょっと前までは最安2ユーロからの激安バスがありましたが廃止になってしまいました)

  • ロワッシーバス オペラ座方面 片道11EUR
  • エールフランスバス モンパルナス方面 片道17EUR

オペラ座やモンパルナス界隈のホテルなら、安全性、料金ともおすすめです。

ただバス停から遠いのなら考えもの。石畳の道をスーツケースを引いて歩くのは大変です。

またほとんどの地下鉄の駅にはエスカレーターやエレベーターはありません。スーツケースを担いで階段を昇り降りしなければなりません。体力次第です。

バスを降りてからタクシーを探すのもちょっと手間ですね。

バスで行きたいという人は、バス停から歩いていけるホテルを探しましょう。

P7081329

タクシーに乗ってパリ市内へ

朗報です!空港からパリ市内間は今年(2016年)の3月から定額制になりました。

今までは、渋滞に巻き込まれると料金が恐ろしいことになってしまう心配があったのですが、その不安がなくなりました。

空港からホテルまでdoor to doorで行ってくれるのでスーツケース2個持ちの私でも安心です。

paris2

Taxis

右岸は50ユーロ、左岸は55ユーロ
(各種料金チップ込み)

予約には別途7ユーロ、その場で呼び出す場合は4ユーロ

但し、定額なのは月~土曜日の10時~17時のみ。

次の場合は約15%の割増料金が発生します.

  • 19時~翌朝7時までの時間帯で郊外へ行く場合
  • 17時~翌朝10時までの時間帯でパリ中心部へ行く場合 
  • 日曜日および祝日

P7061167

RER B線でパリ市内へ

片道10EUR。一番安いです。

少し治安の悪い地区を通るので大人女子1人旅にはオススメしません。

でもね、この間パリに行ったとき、行きも帰りも大渋滞、高速道路もパリ市内も渋滞でぐったりしてしまいました。

列車なら渋滞による影響はありません。

RERは駅構内の案内表示がしっかりしていてわかりやすいし、メトロとも直通していてスムーズに乗り換えできます。

ある程度の危険は覚悟して、早いし安いし難しくないしと納得できるなら次回の選択肢に入ってきます。

ATTENTION!
  • 各駅停車には乗らないで
  • 空港から北駅Gare du Nordまでノンストップの急行に乗ること

番外編 easyBus イージーバスに乗る

P7061174

実は7月にパリに行ったとき、2EURの激安シャトルで話題になったイージーバスでパリ市内に向かいました。

イージーバスの終点はコメディ・フランセーズ前アンドレ・マルロー広場。私の滞在するアパートはサンジェルマン・デ・プレなので、ルーブルを抜けてセーヌ川を渡ればすぐ、歩けるかもと思ったのです。

すっごく遅れるって口コミが多かったのですが、私のときは15分遅れ、さらにドライバーが15分の休憩をとったので合計30分の遅れ、許容範囲です。その後の渋滞の方がひどかったし。

乗客は私1人でした。ミニバスですが1人なのでゆったりくつろげます。

予定の時間よりかなり遅れて終点に到着したはずです。コメディ・フランセーズ前には空港へ向かうお客さんが早く早くって待っていましたが、ドライバーは、15分後ネって事務所の中に入って行きました。

空港へ向かうバスの遅れは焦りますよね。超安いのにお客さん少ないはずです。

その後このイージーバスは9月でなくなってしまったのです。

P7081420

バスを降りてからは、やっぱり歩くのは無理でタクシーで。橋を渡ってすぐのはずなのに混んでて10EUR近くかかりました。

因みに帰りは、アパートの管理人さんに手配してもらった車で空港まで向かいました。60EURでした。たくさんの荷物をエレベーターのない4階から車まで運んでもらえたので妥当な金額だと思います。

私は帰りはものすごく荷物が多いので車1択なのです。

Tags: