BLOG

今度初めて海外ひとり旅することになったお友達から、ひとり旅経験者のわたしにアドバイスを求められました。

旅慣れた彼女なので、旅の細々したことではなく、主に安全面について話しました。

家族や友達と一緒のときと違って、女一人旅は危険度がぐぐっと増します。

「日本人女性の」一人旅というレッテルは、今でも有効なのかしら。不純な誘惑も多くなります。

私は、ひとり旅のときは、無事に帰るということを最大の目標にしています。

それがこころよく送り出してくれた夫や家族に対する義務だと思うから。

以下はひとり旅のときの基本のマイルールです。

流しのタクシーには乗らない

日本では、夜遅くに帰宅するときは、夜道を1人で歩くより、タクシーのほうがよっぽど安全ですが、

海外では昼間でも日本では考えられないような事件が発生しています。ボッタクリというのもよくあります。

乗るならホテルから。大きなホテルなら、ベルボーイがナンバーとかメモして控えを渡してくれるし、ホテルが電話で呼んでくれるのとかは大丈夫だと思います。

たくさん買い物する時とか重いものを買う時は、旅行社で車をチャーターしてもらいましょう。

夜は、8時までにホテルに戻る

ひとり旅のときは日が暮れたらホテルに戻るようにしています。暗くなってからは出歩かない、ホテルでお篭りです。

お酒が足りないときはホテルのバーとかラウンジで、あとスパやエステの時間にあててください。

日本語で話しかけられたら無視する、絶対ついて行かない

コレは詐欺師がよく使う手口です。私は完全に無視するのですが、中には心苦しい時もあります。

ほんとにいい人で、ほんとに親切にしてくれてるのかもって思うときもあるけど、そういうときは心のなかで手を合わせて謝ります。

‏女ひとり旅の掟

初海外ひとり旅におすすめの国ってあるの?

治安面で問題ない国でも地震や台風などの災害や事件は起こるし、最近はテロの危険度も増してきました。

なにか事件が起こるたびに海外なんて、または○○国なんてよく行くわねって言われることもあるけど、

阪神大震災を経験した私は、結構な気合を入れて東京に住んでいます。この時代、日本にいても海外にいても何が起こるかわかりません。

どこが安全かなんて誰にもわからないのです。

行きたいところへ行って下さい。必要なことは備えることです。

「たびレジ」への登録

たびレジは、外務省が短期渡航者を対象にした登録システム。

旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、いざという時の緊急連絡などが受け取れます。

旅立つ前にぜひ登録を。


女ひとり旅の掟

マイルールを原則としていますが、ときには守っていない時もあります。

その国や街の雰囲気などを、自分の経験値で測ったりもしてます。

最終的な決断は 自分の感とか本能を頼ります。