BLOG

P8051012

コチラのレストランは、フランス料理なのですが、
バターや生クリームなどの使用は極力ひかえてあり、

地元のお野菜ができるだけ引き立つ仕上げになっています。

結構たくさんのお料理でしたが
胃にもたれるというようなことはなく、
翌朝の朝ごはんもモリモリおいしく頂けました。

コムニディナー1

ディナーは「はじめのひとくち」からはじまります。

ワインリストはなかなか優秀。
ワインに詳しい人も満足していただけるのではないでしょうか。

P8051014

今回はソムリエさんにお任せで。
最初はスパークリング。
すっきり系のお味でした。

焼きナスとモルタデッラのテリーヌ

「音更産焼きナスとモルタデッラのテリーヌ
幕別産グリーンアスパラガス添え」

一皿一皿 とっても丁寧にお料理の説明が付きます。
お野菜にものすっごくこだわっているのが伝わってきます。

P8051023

二本目の白

Domaine de Rabany Sauvignon
(ドメーヌ・ド・ラバニ ソーヴィニヨン)

こんなにおいしいビオワインは初めてです。
ブドウの実の芳醇さをダイレクトに感じ取れて
とがったところのないすっきり感。
ビオの実力なのでしょうか。

さやアカネのがレット

「森農場のさやあかねガレット、さやあかねピュレと共に」

さやあかねというのはジャガイモの品種なのですが、
このお料理は小麦粉がすごいらしい。
もうすっかり忘れてしまったのですが、
たぶん小麦の栽培方法がすごいと聞かされたと思います。

青ソイポワレ

「羅臼産青ソイポワレ、ブロッコリーとほうれん草のソース」

ソイで出汁をとったソース。
バターも生クリームも使ってないので軽いです。

P8051030

3本目は、南アフリカのワイン
Morgenster Lourens Rivver Valley

足寄産短角牛のロースト

メインの「足寄産短角牛のロースト 赤ワインのソース」

それと私たちが羊大好きだと聞いて用意してくださった
「石田めん羊牧場の羊の煮物」

石田めん羊牧場の仔羊

短角牛を育てている牧場の環境がすばらしいのだとか。
土とかお水とか…
写真とかまで見せてもらって詳しく説明されたのですが
ほとんど忘れてしまいました。

でも短角牛のお味はなかなかでしたよ。
ずっしりとしたおもみのあるお味でした。

桃のコンポート

デザートは「余市産桃のコンポート マンゴーソルベと共に」

最後のお茶は自家製ハーブティー。

自家製ハーブティ

このティーカップがステキ。
アンティークらしいのですが、
ちょっと変わった形と
色使いが好みです。

Tags: