/*icomoon*/

台北・桃園空港で「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」のプリペイドSIMを購入

台北桃園空港に着いて両替の前に向かったのは携帯電話のカウンター。

荷物を受け取ってドアを出て左に進めばあります。(ターミナル1の場合) たまたま空いていた「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」で購入することに。

カウンターのお姉さんに、プリペイドSIMが欲しいということと、台北での滞在期間を伝えました。

台湾大哥大(Taiwan Mobile)のプリペイドSIMカード

このカードお値段は345台湾ドルでした。日本円で900円ほど。台湾滞在中の4日間、Wifiが使い放題です。

お安いですね。

香港では楽勝だったので、台北でもなんの不安もなく無線ルーターE586を渡しました。

お姉さんは私のE586にSIMカードをセットしてくれ、データー通信の設定等もやってくれたみたいです。しかし、wi-fiが使えません。ネットが使えないのです。

お姉さんが言うには、SIMの方はきちんと設定したので問題ない。私のルーターの問題だとのこと。でもそうはいっても親切な台湾人のお姉さん、私のiPodを中国語仕様に変えていろいろ奮闘してくれたのですが、だめでした。

結局1時間以上も空港で時間を使ってしまいました。

幸いホテルでは無料でWi-Fiが使えたので、検索かけて必死で調べました。

そしてわかったのがProfileの作成が必須だということ。

それがわかれば後は簡単で、ようやくつながったのが夜中3時前。

本当に往生しました。大変でした。うちの旦那さんは、私以上にこういうものに疎いので
最初っから頼りにはしていないのですが、それでも、横ですやすや眠っている姿を見ると、ちょっと腹立ちました。

前もってきちんと調べてこなかった私が悪いのですが、次回のため忘れないようにメモしておきます。

Huawei E586 プロフィールの設定

1. 必要な日数を伝えてSIMカードを購入。
購入には、パスポートともう一つ身分証明書が必要です。私は免許書を渡しました。

2. 購入したSIMカードを無線ルーターに挿入し、パケット通信の設定をする。
(ここまではお店の人がやってくれるはずです)

3.ここからがデーター通信の設定です。
まず、Safariをタップして「192.168.1.1」を直接入力します。

4. Login画面がでます。

ルーター7

パスワードはAdmin

5. ここで「Quick Setup」をタップしてはいけません。

ルーター8

Profile Nameが出てこず、何度も何度もやり直すことになります。
下の方にある小さい字のView Classicをタップします。

6.「Settings」 → 「Advanced Settings」 → 「Mobile Connection」

ルーター11

7.「Profile Management」 ⇒「New Profile」

ルーター9

8. Profileの作成をします。これが大事なところです。

ルーター10

Profile Name: TWN
Dial-up Number:そのまま
User Name: 空欄
Password: 空欄
APN: Staticにして internet
「Save」

ピックアップ記事

関連記事一覧