機内で大活躍! JAL x BURTON スリーパーフーディーⅡ

バートン スリーパーフーディー

バートン (BURTON)のスリーパーフーディーていうのは、スノーボーダーが遠征の際、飛行機内などで快適に休息できるようにデザインされたスウェットパーカーのこと。バートンはスノーボード用品のメーカーです。

そのバートン製スリーパーフーディーを元に、JALが特注して作り上げたのが、JALショップで販売されてるバートンスリーパーフーディーⅡなのです。

機内で快適に過ごすための工夫が満載です。

バートンオリジナルは、生地が厚いのでかさばるのが難点ですが、JAL特注品は薄手の生地で作られていて大幅に軽くなっています。

このスリーパーフーディーⅡが、機内で快適に過ごすために本当に必要な1枚なのかどうか、先日JALのエコノミー深夜便でクアラルンプールから戻ってきた私が実際に検証してみました。

スリーパーフーディーⅡ、機内で快適に過ごすための7つの工夫

機内で快適に過ごすための機能が満載なので、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

内ポケットに貴重品を収納

BURTON

エコノミー席だと隣が近いので盗難とかには注意したいもの。貴重品をしっかり収容できるので安心です。ほかにもポケットは数か所付いていて、そのどれもがファスナー付きです。

襟元の眼鏡ループ

バートン スリーパーフーディー

これはかなり便利でした。エコノミーで足元広い席だと荷物の置き場所がほんと少ないので、この機能はありがたいですね。

ライトシェード

バートン スリーパーフーディー

いちいちアイマスクを着けたりしなくていいのです。アイマスクのゴムの部分が不快っていう人多いですよね。

ただ、しっかりと光を遮断してくれるわけではありません。

ネックピロー内蔵

バートン スリーパーフーディー

ネックピローがフードに内蔵できます。これは便利なのでしょうか。今回私は機内で寝なかったのでネックピローは使いませんでした。次回使ったとき、その感想を追記したいと思います。

座った時快適なダブルファスナー

バートン スリーパーフーディー

座った時に、ごわつきやおなか部分が膨れたりするのを防いでくれます。ファスナーのフライトマークがお気に入り。

袖口ガード

バートン スリーパーフーディー

サムホールが袖口をガード。体温を逃がしません。寒さ対策も万全です。

袖脇のベンチレーション

バートン スリーパーフーディー

袖脇のベンチレーションシステムで体温やムレを調節

音楽プレーヤー用のコードホルダー付き

バートン スリーパーフーディー

さりげなくあしらわれたフライトマーク

バートン スリーパーフーディー

実はこの飛行機マークにひとめぼれして買ってしまったのです

快適に過ごすための付属品

バートン スリーパーフーディー

耳栓と携帯スリッパ。耳栓は赤に見えるけど実際はピンク。グレーとピンクの組み合わせって大好き。

スリーパーフーディーⅡは機内で快適に過ごすための必需品⁉

エコノミーやプレミアムエコノミー席は荷物を収容する場所が少ないですし、盗難とか考えると貴重品は身に付けておきたいものです。ポケットが工夫されてるこのフーディーは大変便利でした。

またベンチレーションシステムや裏地がメッシュだったりで通気性がいいので、寝ているときに汗をかいても不快になることはなさそうです。

もともとストリート系ブランドなのでだぶだぶで着るのが可愛いのでしょうが、おばちゃん体系の人は気を付けて。機内以外で着るのはやめといたほうがいいと思います。ちょっとダサくなります。

飛行機ばかりでなく、LCCや高速バスに乗るときにも大変役立つと思います。

飛行機マークが大好きって人は買いです。なかなかないです、こんなかわいい飛行機が付いたパーカーって。

私は機能的でちょっとヘンテコリンな物がいっぱいあるJAL別注品が好きなので、このほかにもいろいろ買ってます。追々ブログにアップしていきます。

バートン スリーパーフーディー

詳細をみる

ピックアップ記事

 

関連記事一覧

人気記事一覧