日本の「Pasmo」とか「スイカ」みたいなICカード、クアラルンプールにもあります。

「my rapidcard」とTouch’nG「Touch&Goカード」マレーシアのICカードは2種類。

このカードがあればチケット売り場に並ばなくていいし、バスに乗る前に小銭を用意しておく必要もありません。

2種類のカードの違いや購入方法をご紹介します

優秀なTouch'n Go「Touch&Goカード」

モノレールはもちろん、RapidKLの電車とバス、KTMコミューターなど、市内を走る交通機関のほか、高速道路、駐車場の支払い、コンビニやカフェなどなど、これ一枚ですべてOKなとても便利で優秀なカードです。

そしてこのタッチアンドゴーカード、日本のクレジットカードで購入やチャージができます。すごく優秀です。

購入場所

KLセントラル駅直結のショッピングセンター「Nu Central」Level2の「Touch ‘n Go Hub」 で購入可能です。

nu Sentral

KLセントラル駅の中央コンコース突き当りのエスカレーターを登ります

nu Sentral

NUセントラルショッピングセンターエスカレーターで2つ上に。

nu Sentral

P3230129

Touch'n Go リロード

Touch'n Go Hub

  • 営業時間:10:00-22:00
  • 場所:「Nu Central」Lot2.07

購入できる場所は限られていますが、詳しくは「Touch&Goカード」HPへ

Touch'n Go カード購入方法

店の入り口に立っているおじさんにカードがほしいというと順番待ちのチケットを渡されるので、番号が呼ばれたら窓口に行って手続きします。

カード代金は10.6MR(税込み)、チャージしたい金額を伝えてカードを作ってもらいましょう。

Touch'n Goカード

Touch’nGoHubに設置してある機械でも購入できます

Self-Service Kiosk(

購入手順

  1. Card Purchaseを選択
  2. リロード(チャージ)金額を選択
  3. クレジットカードで購入を選択
  4. クレジットカード決済
Touch'n Go

1.Card Purchaseを選択

Touch'n Go

2.リロード金額を選択

Touch'n Go

3.クレジットカードで購入を選択

Touch'n Go

4.クレジットカードを挿入する

Touch'n Go

5.暗証番号を入力してEnterキーを押す

Touch'n Go

カード代RM10、リロード金額RM20合計RM30

Touch'n Goカードとレシートが出てきます
Touch'n Go

リロード(チャージ)

基本的にリロード手数料RM0.5がかかりますが、Nu Central Hubでは手数料無料でできます。

reload

リロード手順

  1. Card Reloudを選択
  2. Touch’nGoカードを指定の場所に置く
  3. リロード金額を選択
  4. クレジットカードを挿入
  5. 暗証番号とEnterキー
  6. 完了。カードとレシートを受け取る

その他無料でリロード出来る場所

買いやすい「myRabit card」

new_myrapid

LRT、KLモノレール、ラビットKLバスで使えるICカード。KTMコミューターでは使えません。このカード、タッチンゴーカードみたいに万能ではありませんが、駅の窓口で購入できるのが旅行者にとっては最大の長所ではないでしょうか。

KTMコミューターに乗らないのであれば、簡単に入手できるラビットカードで間に合うと思います。

「My Rapid Card」は主に3種類

rapidcard

  • 「MyRapid Touch N' Go」
  • SMART Packages(7d/30d)

詳しくは、RapidKLの公式WEBへ

旅行者におすすめなのは「MyRapid Touch N' Go」。

RM15でカードを購入して、必要に応じてリロードします。 有効期限は購入日から2年間、次回のKL旅行でも使えます

rapidcard

旅行者用にKL TravelPassというのもあります。

travelpass

KLIA Expressと2日間LRT,MRT,モノレール乗り放題が付いたチケットです。

travelpass

お得かどうかは難しいところ。

配車アプリ「Grab」には乗らずに活動的に動き回る人なら、十分使いこなせるはずです。

 

おすすめの記事