BLOG

money3

海外旅行にはクレジットカードは必ず持って行くと思いますが、クレジットカードだけではいけません。大抵のものはカードで買えちゃうのですが、それでも現金は必要なのです。ローカルな食堂やお店ではカードは使えないし、ホテルのチップも現金です。

私の場合、深く考えずに現地のATMでキャッシングしていました。国によっては現地の両替屋さんを利用することもあります。

このやり方が本当にお得かどうか、今更ですが検証してみました。

日本での両替はドルとユーロぐらい

日本で両替を済ましておくほうが、言葉の通じない現地でドキドキするより、準備万端で安心するのですが、ドルとユーロ以外の両替はお得ではありません。

銀行の手数料はドルとユーロ以外はかなり高くなります。通貨によってはびっくりするほど高いのもあります。

レートと手数料の比較

例えば三井住友銀行のある日のレートで比べてみます。

ドルとユーロの場合、手数料(TTMとの差)は1ドルで2.9円、1ユーロで4円 大体2.7%ぐらいです。

香港ドルやタイバーツでは、手数料(TTMとの差)は1香港ドルにつき2.43円、1タイバーツなら0.47円 手数料率は15.5%と13%に跳ね上がります。

わかりやすくするために、1ドル=120円、1香港ドル=16円として5万円を両替すると、ドルでは1350円、香港ドルでは7750円の手数料が取られます。

money4

Fxの外貨両替はほんとにお得なの?

「外貨両替はFxがお得です」ってweb上ではよく見かけたのですが、私は主婦なのでFxって聞いただけで怪しいって思って今までスルーしていましたが、今回ついでに調べてみました。

確かに円から外貨に交換する手数料は安いです。でも外貨を現金で引き出す時の手数料がかなり高かったり、最低取引単位が1万(ドルだと10000ドル)だったり1千だったりと注意する点がたくさんありました。

以下を十分確認してから取引しましょう。

  1. 外貨を現金で受け取ることができるのか
  2. 取引通貨の最低単位はいくら? (通常1万とか1千)
  3. Fx取引口座の他に外貨預金口座の開設が必要
  4. Fx会社から銀行に外貨を出金する手数料、銀行がFx会社から外貨を受け取る手数料、銀行で外貨を現金で引き出す手数料。この3つの手数料が通常必要ですが、条件によって無料になるものもあったりするのでよーく確認してください。

私は基本的に5万円くらいの両替なので、Fxでの外貨両替はかえって不利になりそうです。

現地のATMで海外キャッシングして一括繰り上げ返済が断然お得!

atm1

キャッシングというと主婦のみなさんは引いてしまうかもしれませんが、実はこれが一番オトクに両替する方法なんです。

日系のカードなら外貨両替手数料はたいてい無料ですが、金利がかかります。

カードによって違いますが金利は大体年18%、1週間なら0.343%になり、5万円を1週間キャッシングした場合の金利は172円! お得です!

その他、カードによってはATM手数料がかかるものもあります。

海外キャッシングするなら一番お得なクレジットカードはどれ?

一番お得に両替するには3つの条件があります。

  1. ATM利用手数料をカード会社が徴収しないカード
  2. 繰上げ返済すること
  3. 現地のATM設置会社が徴収する手数料(現地ATM利用手数料)が無料の場合

まず、ATM利用手数料をカード会社が徴収しないカードを選びましょう。カード会社のHPで確認できると思うのですが、わかりにくければ電話で問い合わせてもいいと思います。

あと、金利は返済期間が短ければ短いほどお得になります。

通常は帰国後電話で返済金額を確認し、ATM機からか、振り込みで返済します。でもweb上で返済金額を確認できるカードなら、帰国まで待つ必要ありません。早ければ3日後には確定しているので3日分の金利だけですんでしまいます。

一つ気をつけないといけないのが、現地のATM設置会社が徴収する手数料。これはカード会社は関係なく、どのATMを使用するかで変わってきます。通常、手数料がいくらいくらかかりますよと画面上に表示されるので、その時は別のATMを使えばいいのですが、たまに表示されないで手数料を取られることもありました。

money2

私のオススメは、『セディナカード Jiyu!da! 』

ATM利用手数料は無料です。

繰り上げ返済はWEB上で確認でき、振り込みではなく、Pay-easy(ペイジー)を使うので、まだ帰国前でも返済できます。年会費も無料なので1枚作っておくと便利ですよ。

キャッシングはイメージ悪かったかも知れませんが、本当はお得なんですよ。