BLOG

DSC_0803

私は今まで、海外の現地SIMを買うなら空港で買うのが一番と思っていました。

空港からの移動にもネットが使えるようになるのは便利だし、お店の人も外国人慣れしていて英語が通じるし、それに国によっては空港限定のお得なメニューがあったりするからです。

今回、前情報ではブダペストの空港にはSIMカードは売っていないとのことだったので、「Vodafone」のお店を見つけた時はラッキーって思ったのです。

ですがまったく「ラッキー」ではありませんでした。

ブダペスト空港のVodafoneでプリペイドSIMカードを買った

場所はシェンゲン国からの便が到着するターミナル2A。SIMカードだけでなく、スマホの機種もいくつか売っていてちゃんとした店舗でした。

iPadmini用のプリペイドSIMカードが欲しいと伝えると、愛想のいいお兄さんがメニューを見せてくれました。

DSC_0800

オススメされた「PackA」9,000HUR(≒3200円)を購入。フィンランドのSIMカードに比べるとえらく高いです。

PackAの詳細

  • Data通信3GB+2GB(夏のキャンペーンボーナス)=5GB
  • 100分の国内通話・SMS

もしくは、

  • Data通信1G
  • 100分の国内通話・SMS
  • 34分のEU/アメリカへの国際通話または25分のインド・中国・その他の国への通話

※いずれも有効期間は31日、国際通話に関しては365日間有効。

クレジットカードが使えますが、なぜか2回に分けて精算されました。

もしかしてボッタクリだった!? VodafoneのプリペイドSIMカード

IMG_2453

ホテルへ向かうバスの中でSIMカードのパッケージを眺めていると、裏に書かれた価格を発見。

IMG_2452

えっ4000HUR?どういうことなんでしょう。

Vodafoneの公式ページで調べてみまたらありました、「Max L」プラン

vodafone1

何が違うというのでしょうか。

MaxL PackA
Data通信 1GB+2GB 3GB+2GB
国内通話 100分 100分
有効期間 30日 31日
価格 4000Ft 9000Ft

データ通信が2GB増えるだけで倍以上の価格になっています。通話が必要ない私の場合、サマーキャンペーン中で2GプラスされるならMaxSでも十分です。これなら2000Ft(≒727円) です。

前回VodafoneのプリペイドSIMを買った時は好印象だったのにとても残念です。

2度とボッタクられないために

ヘラヘラしていたらいいカモにされてしまいます。

キャリアの公式ページは必ずチェックしてプランと価格、お店の場所を確認しておきましょう。

ハンガリーの主なキャリアは3社(2016年7月現在)各社のプリペイドプランです

Tags: