/*icomoon*/

何洪記(ホー・ホン・ゲイ)@香港国際空港では早朝到着でもおいしいお粥や雲呑麺が食べらます

LCC香港エクスプレスで早朝5時前に香港国際空港に到着。バスの時間までだいぶあるので、空港で朝ごはんを食べることにしました。

久し振りの香港国際空港ですが、「許留山」が無くなっている。ちょっと早めに空港に来て最後の香港デザートをこのお店でという楽しみがなくなってしまいました。残念です。

許留山の後にできていたのが「何洪記(ホー・ホン・ゲイ)」です

早朝5時台の香港国際空港到着ロビー

香港国際空港のマックは大行列

5時台はまだOPENしているお店が少ないので、24時間営業の「マクドナルド」は大行列です。

香港国際空港のセブン-イレブンは24時間営業

セブンイレブンももちろん24時間営業です。パンやサンドイッチを買って食べるのもありですね。「オクトパスカード」のチャージもできますし、プリペイドSIMカードも売っています。

クリスタルジェイドは6時半OPEN

6時台になるとOPENするお店も多くなります。「クリスタルジェイド(翡翠拉面小龍包)」は6時半OPENです。

その他のお店の営業時間はコチラで確認できます⇒★

香港到着最初の朝ごはんは、ミシュラン星付き『何洪記』でクリーミィなトロトロお粥

香港国際空港の何洪記の外観

何洪記(ホー・ホン・ゲイ)は、創業1946年の老舗、おまけに5年連続ミシュランひとつ星を獲得したお店です。

ローカルチックなお店だったのですが、惜しまれつつ店を閉じた後、突然ハイソなショピングモールで復活し、お店の雰囲気もグッとグレードアップしました。そして空港にも進出したのですね。

このお店は、豚足入ラーメンや雲呑麺が有名なのですが、朝一なのでお粥にしてみました。

Ho_Hung_Keeのトロトロおかゆ

「羊城荔灣艇仔粥」を注文しました。豚とか牛の内臓と魚身とピーナッツが入ったおかゆです。香港ではわりとポピュラーなお粥です。

大きめな器に波々入ってやって来ました。トロトロっといってもちょっと薄い。スープみたいな感じでするする食べられちゃいます。LCCで疲れた体に、スーッと馴染んでゆくお味でした。

何洪記で食べたもの

69.3HKドル(≒1,048円)でした。ちょっと高い!? 空港価格なんでしょうか。仕方ありません。

何洪記飛行場店の営業時間:06:00 – 24:00

場所は到着ホールです

ピックアップ記事

関連記事一覧