/*icomoon*/

広州で地下鉄乗るならお得で便利な「羊城通」を買おう

広州羊城通

広州の交通ICカードは「羊城通(ヤンチェントン)」。日本のPASMOやSuicaみたいなカードです。このカード1枚で地下鉄やバス、フェリーに乗ることができ、1部のタクシーやコンビニでは電子マネーとして使えます。

羊城通のお得なところ、便利なところ、そして買い方と使い方を詳しくレポートします

便利な羊城通

バスに乗るときって小銭の用意がめんどくさいです。また広州では地下鉄の切符売れ場はたいてい混んでいます。発券機も慣れるまでは使いづらいですよね。

羊城通1枚持ってれば、小銭の心配をしなくていいし、行列に並んで不慣れな発売機と格闘しなくてすみます。

お得な羊城通

乗車回数が15回までは通常料金ですが、16回目以降から料金が4割引 きになります。ちょっと変わってますがほぼ半額近くなるのでかなりお得ですね。

ただ、2泊や3泊の旅行者の場合、1回の広州旅行で15回以上も地下鉄やバスに乗る人はあまりいないと思いますが、美味しいものがいっぱいの広州が大好きになって、これから何度も通いたいって人にはほんとお得です。

羊城通の買い方

購入場所:地下鉄駅の有人窓口の他、セブンイレブンや銀行などで購入できます。私は広州空港駅の「客服中心」で購入しました。

料金:初回は70元(50元+デポジット20元)。 チャージは駅にあるチャージ専用機や、セブンイレブン、クリーニング店でできます

返却:地下鉄1号線「公園前」駅J出口の「羊城通解約窓口」で。デポジットと残金が返却されます

その他:1年以上カードを利用しないと、窓口で手続きする必要があります

羊城通

羊城は、広州市の愛称。紀元前300年頃、羊に乗った5人の仙人がこの町に稲穂をもたらせたという伝説があります。それで広州のことを羊城と呼ぶようになたのですって。

広州の地下鉄

上海に比べると、混雑度もマシだしマナーも若干いいように思いました。

どの駅でも、改札を通る前に手荷物検査があります

広州地下鉄

「ホームドア」完備です

広州地下鉄

整列乗車のラインがちゃんと引かれています

広州地下鉄

だけど駅に着いてドアが開くと、降りる人も乗る人も一斉に突撃してきます。積極的な行動力が必要です。

ピックアップ記事

 

関連記事一覧

人気記事一覧