BLOG

台中の逢甲夜市へ。

予想していたよりずーっと大きい夜市です。人もいっぱい。とってもにぎやかです。

人だかりの屋台を発見。覗いてみると、「大腸包小腸」のお店です。これ、以前から興味はあったんですが、素敵なネーミングのため二の足を踏んでいました。

今回初トライです。「大腸包小腸」というのは、ホルモン料理ではありません。

白くて太い、もち米の詰まった腸詰めをナイフで割って、普通の香腸を、いろいろなお野菜とか漬物とかと一緒に挟んだもの。特製ソースをかけていただきます。

お店によっていろいろだと思いますが、ここのは、大腸がモチモチしてて、小腸はジューシーで、食感がいいです。

一人で1個食べてしまいましたが、結構ボリュームがありました。

夜市でいろいろ食べるぞ! と張り切っていたのですが、あとは、みかんジュースと腸粉でおしまいです。

帰りは、ここからまた高鐵快捷公車(無料シャトルバス)に乗って、高鉄台中駅へ行き、新幹線で台北まで戻ってきました。

台中は今回初めてだったのですが、台中の町の大きさにびっくり。

ガイドブックを持って行かなかったのが痛手でした。元祖パールミルクティーの春水堂にも行けなかったし、無為草堂のランチも今度は食べたい。

高鉄台中駅は辺鄙なところにあるのですが、市内までは高鐵快捷公車が網羅していて便利です。(市バスが無料だったのがいまだに疑問ですが)

またもう一度行きたいです。

Tags: |