BLOG

チャイナエアラウンジ

台湾桃園国際空港第1ターミナルのチャイナ エアラインのダイナスティーラウンジへ。

ここは以前は広いだけが取り柄のちょっと古くてダサいイメージのラウンジでしたが、何年か前に改装され美しく生まれ変わりました。

さすが台湾フラッグキャリアの旗艦ラウンジだけあって、かなり気合の入ったラウンジでした。

チャイナエアラインのダイナスティーラウンジへ

日本へのフライトは第2ターミナルですが、第1ターミナルは主にアジア近距離へのフライトに使われています。

イミグレ通過したら右へ。「VIP Loung」の案内板に従って進みましょう。

チャイナエアラウンジ

木彫りです。階段か奥のエレベーターで上がって、一番手前に中華航空、チャイナエアラインのラウンジがあります。

受付を通って中に入りますが、第1印象は暗い。六本木のレストランみたいです。

チャイナエアラウンジ

途中シャワールームやリラクゼーションルームを通って中に進みます。最上級会員ルームへの秘密の扉みたいなのもありました。

シャワールーム

チャイナエアラウンジ

ブランズ風の扉がものすごく重かったですが、おしゃれな感じに仕上がっています。シャワーも最新式

チャイナエアラウンジ

リラックスルーム

ドアが閉まって個室になります。充電も出来て重宝しますが、くれぐれも寝過ごさないように。

チャイナエアラウンジ

ダイニング

窓がない構造を逆手に取ってやたら暗くモダンな感じです。テーマは「東洋の知的美学」ですって。でもたしかに濃厚さは感じます。これが”オリエンタルで知的な魅力”につながるのかもしれません。

チャイナエアラウンジ

ヌードルコーナーは空港近くのNovotelホテルが監修しています

チャイナエアラウンジ

4種類もあって迷いますね。薬味もいろいろ取り揃えられていました

チャイナエアラウンジ

朝メニューの洋風ホットミール

チャイナエアラウンジ

点心類

チャイナエアラウンジ

揚げ物系は少なめですが揚げたてが並んでいました。

チャイナエアラウンジ

お野菜とフルーツ

チャイナエアラウンジ

おしゃれなお鍋に入ったベジタリアン用のホットミール。焼き芋もありました

チャイナエアラウンジ

ダイニングテーブル

チャイナエアラウンジ

ラウンジエリアのソファー。ものすごくくつろげます。

チャイナエアラウンジ

朝なのでフルーツだけ。機内食も楽しみなので。

チャイナエアラウンジ

改装後、すっごく雰囲気変わりましたね。

チャイナエアラウンジ
  • 場所:第1ターミナル
  • 営業時間:5:30~23:30

台湾桃園空港ではエバー航空のラウンジもなかなかでしたが、でもいまのとこ、このチャイナエアラインのラウンジが一番ではないでしょうか。

Tags: