BLOG

東駅に着いたら、首から身分証を下げたポーターだか案内人が寄ってきたのでお願いすることにしました。

チケットを渡すと、まだ列車が入ってきていないのでと、ビジネスラウンジへ案内されました。

P8057719

ラウンジの様子

一等以上のチケットを持っているとラウンジが使えるのですが、 早めに駅に来て待つという人は少ないのでしょうか

ラウンジの中は私たちだけでした。

P8057720

飲み物はコーヒー、紅茶、ジュースなどいろいろ。お酒類があったかどうかは忘れてしまいました。 お菓子やスナック類もいろいろありました。

ラウンジ内は撮影禁止でしたが、インテリアはおしゃれな感じだし、静かだし、落ち着けるし、お手洗いもきれいでした。

どーしてみなさん利用されないのでしょうか。

ヨーロッパもまだこちら側は、駅の雰囲気ともあいまって、列車での旅が優雅に感じられます。 (一時的なものですが)

P8057727

時間になると先程のポーターさんが迎えに来てくれました。 彼の後について列車に乗り込みます。

P8057728

レイルジェット1等客席

P8057726

一等車も2種類あるみたいです。 ポーターさんが取ってくれた席はこちらの方。

P8057724

P8057721

2席1席配置の一等車のほうは結構混んでいたのですが、 こちらの方は私たちとあと日本人の親子のみ。

4人席を2人で使えて広々。

P8057722

「レイルジェットrailjet」は、オーストリア国鉄が誇る高速列車。

一等車の乗り心地もなかなかでした。

動き出すと、おしぼりと飲み物チョコが配られます。 お食事はビストロから運んでもらえます。

またテーブルには電源があるので、iPodやiPadを充電しながら使えて便利でした。

P8057723

隣の車両は「ビストロ」(簡易食堂車)

夫はカレーを頼んで持ってきてもらっていました。

ユーロもハンガリーフォリントもどっちもOKでした。

P8057746

どこまでもどこまでも畑が続きます。
豊かな大地ですね。

P8057734

P8057750

ウイーンが近くなると、果てしない大地から村とか集落とかの景色に変わります。

P8057753

車内モニターには、停車駅、速度、運行状況など 案内情報が表示されます。

P8057732

P8057755

約3時間後、 列車はウイーン西駅に着きました。

P8057764

レイルジェットチケット購入編はコチラ

  • ブダペストからウィーンへ 【チケット購入編】
  • Tags: