BLOG

P8017207

1885年創業の「Museum(ムゼウム)」へ

ブダペスト2日目の夜ごはん。 1885年創業の「Museum(ムゼウム)」

内装もいい感じでちょっと高級感漂うお店でした。

P8017202

ドレスコードはなかったと思いますが、おしゃれして出かけた方がいいレストランです。

P8017200

ハンガリーで大好きになった「フルーツの冷たいスープ
この日はベリー系だったと思います。

P8017201

Hungarian Delicacies」(ハンガリーのおいしいもの盛り合わせ

マンガリッツァ豚のハム、 灰色牛のサラミ、フォアグラのフライ、新鮮な青胡桃のクリームと紫玉ねぎのスライス添えなど盛りだくさん!

P8017204

マンガリッツァ豚チョップのフライ、マッシュポテト付き」 お味のほうは… 日本のとんかつを見習ってほしいです。

P8017206

ジャジャーン!これが「フォアグラのソテー」です。 結構な量ですよね。

P8017205

ハーブや胡椒の入ったグレイビーソースで頂きます。

葱とブリーニの上にデーンとフォアグラが乗っかってます。 かなりのボリュームです。

☆★☆★☆★☆★☆
国宝級のマンガリッツァや灰色牛を食べれる貴重なレストランですが、 ワインもいろいろ揃っているし、もちろんお料理もおいしかったし。

でもピアノ弾きが。

日本人のお客は私たちだけだったのに、 「いい日旅立ち」とかいろいろ古い歌謡曲ばかり引くのです。

そのたんびに、こっちの方を向いてドヤ顔するし。 とってもうざかったです。 どうせならリストとか弾いてほしかったです。

さっさとチップをやって引き取ってもらう方が気持ちよくお食事できます。

月夜1

帰り道、大きなお月さんが見えて機嫌がなおりました。

Tags: