クアラルンプールで絶対食べたいのはチリパンミー kin kin

マレーシアは広い国なので、その地方、地方によって特色のある美味しいものがたくさんあります。

例えば、チキンライスならマラッカ、ラクサは色々なんだけどクチンのサラワクラクサとかペナンラクサとか。

そしてクアラルンプールは断然チリパンミーなのです。

チリパンミーとは

チリパンミーは漢字で書くと「辣椒板麺」。なんか非常に辛いイメージですが、辛いもの苦手な私でも普通に食べれます。

麺は自家製麺でとってもコシがあってモチモチ。太さはきしめん程。モチモチの麺の上に肉味噌、カリカリのいりこや小玉ねぎの揚げたの、そして半熟卵がのってます。

そこにお店特製のサクサクチリフレークをたっぷりかけて、卵をつぶしながら激しくかき混ぜて頂きます。モチモチ、カリカリ、サクサクの歯ごたえとともに美味しさがお口いっぱいに広がります。

チリパンミーのお店はたくさんあるのですが、特に人気なのはこの3店

  • Kin Kin
  • JoJo
  • Super Kitchen

今回はダントツな人気を誇るKin Kinに行ってきました。

Kin Kinのチリパンミー 建記辣椒板麺

KIN KIN(建記辣椒板麺)

ホテルからは歩いて行けます。市場大好きな方は、近くにチョーキット市場があるのでそちらに寄ってみるのも良さそう。

麺を準備するのにちょっと時間がかかるのでホワイトコーヒーを飲みながらしばらく待ちます。

KIN KIN(建記辣椒板麺)

支店の麺もこの店で製麺するみたい

KIN KIN(建記辣椒板麺)

麺が出来上がったら陽気なお兄さん達が調理してくれます

KIN KIN(建記辣椒板麺)

これがKin Kinのチリパンミー。汁ありと汁なしの2種類あるけど、断然汁なしのドライがお勧め。スープのチリパンミーを食べてる人あまりみたことありません。

KIN KIN(建記辣椒板麺)

特製チリフレークをたっぷりかけてね

KIN KIN(建記辣椒板麺)

スープ付きです。葉っぱは柔らかくちょっとぬるってしていて、ワカメみたいな感じで違和感なくたべれます。

KIN KIN(建記辣椒板麺)

お箸でよーくかき混ぜて食べるのがポイント。辛いのだけど旨味もぎっちり。

ひとくち食べてものすごく感激するってものじゃなく、食べ終わった後はまあまあかなって思ったのですが、しばらくすると食べたくてたまらなくなってしまう麻薬のごとき魅力をもつ麺料理です。

クアラルンプールにきたらぜひ食べて帰って下さい

Kin Kin 建記辣椒板麺のお店情報

住所:40 Ground Floor, Jalan Dewan Sultan Sulaiman 1, off Jalan Tunku Abdul Rahman, Chow Kit
営業:7:30-21:00, (週末は7:30-16:30)
定休日:最後の月曜日
アクセス:モノレール、Medan Tunku駅から徒歩約5分、ブキビンタンからタクシーで約10分

40 Ground Floor, Jalan Dewan Sultan Sulaiman 1, off Jalan Tunku Abdul Rahman, Chow Kit

 

Hotel StripsやSheratonからの行き方

イオンの入っているQuill City Mallの後ろにKin Kinはあるのですが、道が渡れません

KIN KIN(建記辣椒板麺)

左から(Medan Tunku駅方面)より右から(Dang Wangi駅方面)のほうが近いです。

ピックアップ記事

 

関連記事一覧

人気記事一覧