BLOG

W香港 W HONG KONG

香港での宿泊は、W香港(W HONG KONG)にしました。

SPGの無料宿泊に2泊足して3泊します。Wブランドは若いお金持ちをターゲットにしたかなりデザイン性の高いホテルとのこと。わたしたちターゲットから外れた一般的熟年夫婦にはどうなんだろうかと、若干の不安を抱えての旅立ちでした。

W香港 W HONG KONGへの行き方

香港国際空港からはエアポートエクスプレス(機場快線) で九龍駅まで。W香港は九龍駅と直結してます。空港からのアクセスはホント便利。

高級ショッピングセンター「ELEMENTSエレメンツ」へのエスカレーターを登ります。

ELEMENTSエレメンツ

ATTENTION!

MTR東涌線で戻ってきたときは注意。同じようにエレメンツへ続くエスカレーターに乗ってしまうと、そちらは反対側なので、エレメンツの中をぐるぐると巡ってホテルに辿り着くことになります。

MTR東涌線を九龍駅で降りたら、必ず出口Dに向かって下さい。出口Dのエレメンツエスカレーターに乗るのが近道です。

エスカレーターを降りたら、左へ。W香港は「金」地区にあります。

エレメンツ

「LA MAISON DU CHOCOLAT」を右に。「LA MAISON DU CHOCOLAT」と「上海灘 Shanghai Tang」の間の通路を右に行きます。

W香港 W HONG KONGロビー

W香港の入り口は小さく、なんか通用口みたいな感じです。

W香港 W HONG KONGロビー

夜撮った写真がブレブレで、昼間の写真を載せていますが、1階ロビーと6階フロントは絶対夜の方がカッコいい!

小さな入口をくぐると、大きなWマークがお迎えしてくれます。

W香港 W HONG KONGのヒップでクールなロビーとフロント

W香港 W HONG KONG入り口

夜のロビーは人がいっぱい、音楽も結構大きめのボリュームでかかっています。

でも壁とか窓とか、あと照明がとってもアバンギャルド。もうここはクラブかって感じです。

このホテルは、あの小さい通用口で気分がガクッと下がってしまうので、車で来るほうがいいのではないでしょうか。

W香港 W HONG KONG入り口

大きなブロンズ風の扉の向こうに、Wがメラメラと燃えていました。(夜だと)

フレンドリーなベルに荷物を預けて、エレベーターに乗って6階へ。

エレベーターも派手。床面が挨拶してくれます。

そしてエレベータを降りると、ココも超クール!場違い感100%かも。

W香港 W HONG KONGロビー

フロントもとってもフレンドリー。フレンドリーすぎて、話が横道にそれることが多くチェックインにやたら時間がかかりました。

W香港 W HONG KONGロビー

W香港 W HONG KONGロビー

夜はヒップでクールでゴージャスですが、朝や昼間はちょっと雰囲気変わります。爽やかさが増します。

W香港 W HONG KONGロビー

その分、ゲストも力が抜けるのか服装にはこだわらないみたい。昼間は。私たちにも馴染めます。

W香港 W HONG KONGロビー

W香港 W HONG KONGロビー

W香港 W HONG KONGのエレベーターホール

お部屋へ向かうエレベーターを降りると、さっきとは変わって、ぐっと落ち着いた雰囲気。

W香港 W HONG KONGのエレベーターホール

落ち着いてはいるけれど、やっぱりヒップ。ライブラリーを演出しているのでしょうか。

W香港 W HONG KONGのエレベーターホール

おしゃれでヒップだと、ちょっと私にはハードル高くなります。エレベーターのボタンがどこにあるのかわかりません。

ハウスキーパーのお姉さんに教えてもらうまで、奥のジムやスパに行くエレベーターを使っていました。

エレベーターのボタンは本棚の中にありました。こういう仕掛けが若い人にはうけるのかも。

W香港

朝風呂代わりにジャグジーを

私達が滞在中、W香港の「世界で一番高い場所にあるプール」はメンテ中で使えませんでした。たとえ使えたとしてもえらく寒い日ばかりだったのでプールで泳ぐのは無理だったと思います。

その代わり、ジャグジーには毎朝行っていました。

部屋のバスルームは2人だと使いづらいので、夫に譲って私は73階のジャグジーへ。スパローブとスリッパで専用エレベーターに乗っていきます。

W香港 W HONG KONGのジャグジー

エレベーターを降りると、blissスパのテーマカラー緑の絨毯の廊下。

更衣室にはお部屋のカードキーで入れます。

W香港 W HONG KONGのジャグジー

朝は誰もいなくて、1人だと広々。大浴場みたいな使い方ができます。

W香港 W HONG KONGのジャグジー

ホテルでも温泉旅館でもタオル類が豊富に用意されていると豊かな気持ちになれます。

朝日をサンサンとあびてお湯に浸かるのは、私には旅行中にしかできない贅沢です。

W香港 W HONG KONGのジャグジー

サウナはドライとミストの2種類あります。シャワーも上から前から右から左から強力なお湯が降ってきます。

W香港 W HONG KONGのシャワー

冷たく冷やしたお水やタオルもふんだんに用意されていて、朝からサッパリできます。

W香港のGym

同じ階にジムもありました。

コチラもお部屋のキーで入ります。ジャグジーや更衣室は夜11時までなのですが、ジムは24時間使えます。

そんなに広くありませんが、最新鋭のマシンが揃ってました。

W香港 W HONG KONGのジム

ハーバーの景色を見ながらrunするのもいいですね。

W香港 W HONG KONGのジム

常温のお水と冷たいお水が用意されていました。もちろんタオル類もたくさんありましたよ。

☆お部屋編へつづく

Tags: |