MajestcHotel KL

マジェスティックホテル・クアラルンプール・オートグラフコレクション(The Majestic Hotel Kuala Lumpur, Autograph Collection)。

建てられたのは英国統治時代の1930年代。ネオ・クラシックとアールデコを融合させたコロニアルスタイルの建物でした。

MajestcHotel KL

真っ白な外壁にアーチ形の窓枠など、丘の上にたたずむ優美な姿に、当時誰もが魅了されたそうです。

1時は廃墟になったときもありましたが、2012年再度ホテルとして復活を遂げました。

復活したザ・マジェスティックは、創建当時の建物を丁寧に修復したマジェスティックウイングと、新たに建てられた15階建てのタワーウイングの2棟から成っています。

前回は新館タワーウイングのジュニアスイートだったので、今回はマジェスティックウイングのガバナースイートに滞在しました。マジェスティックウイングは全47室スイート仕様、24時間バトラー付きで優雅な滞在が約束されています。

マジェスティックウイングへチェックイン

majesticKL

もともと予約したのは新館のデラックスルームでしたが、できれば旧館にアップグレードしてもらえたら嬉しいとアプリのチャット機能で丁寧におねがいしてみたら、マジェスティックウイング(旧館)にアップグレードしときましたよってすぐにメールで返事がきました。

MajestcHotel KL

ホテルの上級会員( Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)チタンエリート)だと時々いい事があります。

majestichotel

KLセントラル駅から乗ったGrabで旧館正面玄関に到着。

旧館の玄関にもコロニアルな制服を着たポーターがいてスーツケースを運んでくれます。

majestichotel

チェックインはお部屋かラウンジどちらでもと言われたので、ラウンジでお願いしました。座ってお茶を頂きながら、日本人スタッフから丁寧に詳しく説明を受けました。日本人スタッフにはその後もいろいろお世話になりました。

majesticKL

ガバナースイート

MajestcHotel KL

The Governor Suite」 約55㎡の広さを誇り、コロニアル棟を代表するスイートルーム。

コロニアルな趣きを残したアールデコなインテリアにうっとりです

MajestcHotel KL

階段や廊下の雰囲気も統一されています

majestichotelKL

majestichotelKL

ベッドルーム

MajestcHotel KL

キングサイズベッドに枕が8つ

MajestcHotel KL

大きめなクローゼット

MajestcHotel KL

ドレッサーがあると優雅な気分になれます

眺めのいい部屋

MajestcHotel KL

隣はKTMマレー鉄道公社ビル、お向かいは旧クアラルンプール中央駅、どちらもムーア様式の美しい建物です。

遠くにKLタワーやツインタワーも見ることができます。

MajestcHotel KL

バスルーム

majestic bathroom

白と黒の市松模様のタイルに直置きされた猫足バスタブ。お湯がたっぷり入るバスタブが好きです

majestic bathroom

黒の洗面台

majestichotel bathroom

バラ色のバスソルトがたっぷり用意されてます。

majestichotel bathroom

リビングルーム

majestichotel livingroom

窓辺にはシンプルなデスク

majestichotel livingroom

ユニバーサルAC電源が3つ。日本仕様のコンセントがそのまま使えます。

majestichotel livingroom

座り心地の良いソファ。クッションのコーディネートが素敵です。

majestichotel livingroom

冷蔵庫のドリンク類は無料。

majestichotel livingroom

こちらのスナックやはちみつも無料です

majestichotel livingroom

マジェスティックウイングには宿泊者特典があります

宿泊者特典

  • 24時間バトラーサービス
  • クラブラウンジの利用可
  • 朝食ルームサービスorレストラン
  • ランドリーサービス無料(何枚でも)
  • Wi-Fi、ミニバー無料
  • 会議室利用可

ちなみに Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)プラチナ特典はこんな感じ

マリオットプラチナ会員特典

  • お部屋のアップグレード
  • 2人分の朝食
  • 高速インターネット
  • 16:00までのレイトチェックアウト
  • 2人分のラウンジアクセス
  • アメニティor 1000ポイント

夜、廊下に出るとジャズが聞こえてきました

majestichotelKL

majestichotelKL

majestichotelKL

朝食

朝食はルームサービスにしました。

カヤトースト付きのマレー風。この他にコンチネンタルブレックファーストも選べます。

majestichotelKL

こんな素敵なホテルにお泊りすると、一歩も外に出たくなくなります。

前の晩はスモークハウスで夜更かししたので、朝はゆっくり起きてベッドでパジャマのまま朝ごはんを頂きました

majestichotelKL

ナプキン類は全部クロッシェで縁取りされててカワイイ。細部まで抜かりがありません。

majestichotelKL

ミニバーにはコーヒーも紅茶もポットも用意されているのですが、グダグダ過ごすと決めたので飲み物もバトラーさんにお願いします。

毎回にこやかに、お菓子と一緒に持ってきてくれます。

butler coffee

今回は、チップ用の紙幣もたっぷり用意しました

majestichotelKL

お昼ご飯

朝ごはんのあともベッドでゴロゴロしてたので、お昼ご飯もルームサービスにしました

majestichotelKL

「The Tiffin」ティフィンというのはお弁当箱のこと。

5段重ねの陶器のお弁当箱に入ってやってきました。中身を見る楽しみがあります。ワクワクしますね。

majestichotel

ウエスタン、ジャパニーズ、カレー、ベジタリアンの4種類ありますが、ウエスタンにしました。

majestichotelKL

これは全くおすすめしません。

一番上がサラダ、その下に熱々のお料理だったのでサラダが蒸し野菜料理みたいにしなってなっていました。

お肉料理もお魚料理も味がしません。お醤油が欲しかったです。

この後、シャワーを浴びて身支度整えてお気に入りの場所で午後を過ごしました。

smorkhouse

クラブラウンジはちょっと狭くてあまりのんびり過ごすって感じではないのです。ロビーのティールームもハイティーの時間はお客さんでいっぱいです。

スモークハウス」でうだうだするのがお気に入りの過ごし方です。

マジェスティックホテルクアラルンプールへのアクセス

空港からタクシーかGrab利用が一番簡単ですが、時間帯によってはかなり渋滞しています。

空港からKLエクスプレスでKLセントラル駅まで行って、シャトルバスかGrabがおすすめです。

シャトルバスの乗り場

majestic Shuttle bus

KLセントラル駅改札を出て、KLIAエクスプレス到着ロビーを真っすぐ進み右に曲がった先にあります

majestic Shuttle bus

シャトルバスは30分間隔なので、時間が合わなければGrabで。だいたい7~8RMでした

majestichotelKL

マジェスティックホテル・クアラルンプールの感想

新館タワーウイングでは近代的な設備で快適に過ごせますし、旧館マジェスティックウイングはコロニアルな雰囲気をたっぷり楽しめます。

majestichotelKL

特に旧館宿泊なら、ホテル内だけで十分、おこもりStayがおすすめです。

以前泊まったことのあるシンガポールのラッフルズやバンコクのオリエンタルと比べて、華やかさや豪華さはないけれど、のんびり気ままに過ごせる素敵なホテルです。

マジェスティックホテル・クアラルンプールの人気記事

おすすめの記事